fc2ブログ
2011.12.04 14:32|日本
こんにちわ。
皆様、沢山のコメント本当にありがとうございます。
そして木々の意識と繋がることができる方が複数いらっしゃることも分ってきました。
今日はそんな方々から頂いたメールをご紹介させて頂きます。

その前に我家の草花も紹介します。
家の草花
左からグズマニア、カポック、小バラです。

黒姫の森でラー体と対話し帰ってきて、家にある草花と意識通うのかな?
とは思っていたのですが、試しませんでした。
一週間まえの昼食時、えすぱー女房が「話せるかな?」とテーブルのグズマニアを見やりました。
私は飯を頬張ったままグズマニアに目をやると「さむいよー」と後頭部から声が聞こえました。
草花も対話できる驚きに箸を置き彼女と会話しました。
女性でした。
彼女が言うには数日に一回15分だけ日光浴させてと言われました。お水は一寸がいいそうです。
日光浴の後テーブルに戻す時、「そう向きじゃないよ」と言いましたが、私が「ずっと同じ向きだと
斜めになっちゃうよ」というと、「わかったわ」と納得してました。

カポックは話しかけると驚いて、と言うより人に話しかけられたことに感動して泣き出しました。
ラー体達も人間の環境の中で生活すると洗脳が移ってしまうようで、自分が意識体だったことさえ
忘れてしまっていたようでした。
対話することでそれを思い出したそうです。

小バラは先日娘と一緒に花屋さんで280円で買ったばかりなのですが、
グズマニアの隣りに置くといきなり「あたしの方が綺麗だもん」とグズマニアに喧嘩を売ってました。
どうも花屋さんの店内での商品としての価値争いの意識が抜けないようです。
グズマニアは相手にしてないです。

我家の草花達と話して解ったことは、ラー意識体も人工的環境に置かれると、
本来の能力に蓋をしてしまうということです。
また、植木鉢のせい(大地と繋がっていない)なのか、地霊のような重たい意識ではなく、
すごく軽い印象を持ちました。
そして今迄は草花を買うことに何のためらいもなかったのですが、
買うということは家族を増やすということなのだなあ、軽はずみにはできないなと思いました。

あとコメント返しのどこかにも書きましたが、都内の街路樹とも話しました。
予想通りなのですが、彼等も自然の力とは程遠い意識でした。
それはまるで駅の雑踏の如しでした。
ラー意識体は人類の想念に感受性が強く影響を受けやすいようです。
そうした意味でも人類の意識の変革が早く起きれば、と思いました。
ビーちゃん(釈尊意識体)が黒姫原生林に行け。と言った意味を痛感しました。

それでは私以外のラー意識体対話者のお話です。

<anさまのメール>
初めまして、以前、「an」という名で「Chaos」という題のコメントをさせていただいたものです。

「ラー体」のお話、興味深く拝読いたしました。
私の場合、相手が「ラー体」というはっきりとした「名乗り」はなかったし、
どうも人間でいうところの「1対1」ではない感じなのですが、
数年前より、おそらく、その場所で循環をつくり共存している生物達の集合意識のようなものを感じ始めました。

9月の終わり、夫の実家(気仙沼なのです(^_^;)に行ったのですが、
秋田県の白神山地の叫びが気になり、秋田県へトレッキングに行きました。
白神の端っこ、十二湖に行ったのですが、
もののけ姫で、しし神様の首をとった後、こだま達が死んでゆく場面、そのものでした。
トレッキングウェアの観光客(私たちも含む)との対比が、いたたまれない。
白神は崩壊しています。

とくに菌類が、、、、もう、成り立たないのかな。
その後、山が裂けるように道を示してくれたので、
もっともっと、奥の、北へ道を進めると、赤石という川に出て、
落ち葉がいっぱいの林道のような細い道を抜けたら、黒熊の滝というのがありました。

観光用の案内板に、「秘境」って。。。道路通しちゃって。。。秘境って。
ここも、崩壊の叫び。
人間が、「滝が見たいから、山の形を整えましょ」とか「道路1本くらい」とか
思ってるけど、森にとっては、「踏み込まれる」だけでも、かなりの痛手みたいです。

「いつも快適な状態を保ちましょう」っていう共同意識と一体になってくれと。
私、「道路があったから、通ってきちゃったし」とか加害者じゃん。

ごめんね。

帰りにサルの大群が、じぃっとこちらを見ていました。
それから、今現在住んでいる場所の植物たちの変革?のような意識が
無視できなくなり、8月27日、捨てブログに言葉を吐き出しました。

an Crystal」というFC2ブログです。
タイトルは、「いきなり植物がおかしいと思い込む」です。

以下、コピーです。

「頭がおかしい、と、思ってください。
3.11の震災以降、実に多くの予言やビジョンがみられるようになりました。
地震予測、地震予知、防災やサバイバル知識など、も。

人に話すと、「またか、、、」「あなたも、、?」って言われそうな、「体感」とか。
黙ってるんですけどね、「そっち側」っていうのか、そういう分別されるし。
「みんなに伝えなきゃ!」というほど、くっきりしたものではないし。
なので、自分へのメモです。頭がおかしい私のメモです。

震災後、東京で暮らしていた子供1が帰ってきましたが、お部屋がありません。
備蓄&被災地への支援物資部屋を整理して、部屋を作りました。
子供1は、一人で1階に、お布団で寝ていたのですが、眠ると死んだようになってしまう。
まったく起きてこない。

一緒に夜更かし(というか夜明かし(^_^;))した時、私もいつのまにか気絶するように眠っていた。
「寝落ち」というのもよく経験しますが、それとは違う。
家の中で、1階で、お布団で、なんだか酸欠っぽいのです。

私の激しく勝手な思い込みなら良いのですが、怖いので、ベッドを買いました。
えー、何と言ったらよいのかわからないけど、
なんだか、植物が、酸素をつくる量が、減った気がするから・・・おわり」

「気がする」と書きましたが、実はもっとはっきりした「意志」を感じるのです。
「もう酸素なんかつくったって、いいことないぞ、みんな、やめようぜッ」みたいな。
輪っかを外されはじめている、と。
過激な一派なのかな?
共存の道を人が潰してきたからですよね。

現在、某テレホン人生相談で活躍中の先生に、占星術を習っているのですが、
ある日、星座盤から、星が浮き出し、こめかみに雷のような意識の侵入、

私たち(人間)が太陽を太陽だと思って扱うように、
「私」を「私」だと思って扱えと。

私は、調子の悪い時の私、最高のコンディションの私、
最高のコンディションのときだって欠点だらけなので、
さらにその上に理想の私まで出現させたりしますが。

そんな ものさし はいらんと。

太陽、と同じように、唯一の存在として自分を扱いなさい、と。
とりとめがなくなってきました。
いきなりですが、終わります。
長文失礼いたしました。
山田様のご活躍を、毎日楽しみにしております。

-------------------------------------------------

<ヒロコさまのメール>
はじめまして。

>木や草花の意識を感じた方。どうかメールを

ということで、メールを差し上げました。

わたしの娘がまだ小さい頃、よく2人で公園の木をハグしては木からはとても気持ちのよい波動をいただいていました。

木や草花の意識だったのかどうかわかりませんが、何年も前のこと、ある日、木の気持ちのよい波動の事を考えていたら、突然ザワザワーっとあるエネルギーがわたしの中を駆け抜けていったというか、わたしが何かコンピューターの様なものにつながって情報をダウンロードししたような体感があり、⎡植物や木にはとても大切な役割がありここにいてくれるのだ⎦とわたしの中に入ってきて、大きな感動に包まれたのを覚えています。

先日も何年かぶりに、庭にある大きな桜の木に手をおいてみると、ほんとうにやさしく気持ちがいい波動を感じました。

わたしは花が大好きです。
花がわたしの周りにあるだけでとてもしあわせな気持ちになります。
きっと、わたしがやって来た惑星には花が咲き乱れているのではないかと思っています。

いつかわたしにも草花や木の声が聞こえるようになりたいです。

日本名がわからないのですが、ロビンという鳥の歌声を聞いたことがありますか。
話しをしているようにそれは美しく歌をうたうのです。
ここ何日か、何を歌っているのか知りたいなぁと思っていました。
わたしも、山田さんがホリーと話しが出来るように、ロビンの言っていることがわかるとうれしいです。

山田さんのブログに心から感謝しています。

ヒロコ
------------------------------------------------------

<千さまのメールとコメント>

プロフィール・・・アメリカの片田舎在住、既婚女性、菜園を始めてから、地球の循環サイクルを身にしみて感じている。
そうそう、アウトドア生活も大好きで、キャンプ、ハイキングなどなども友人達とやってます。本格的ではないかもしれないけど・・・

ブログ/New Yorkの田舎者

No title

初めまして。つい先日、友人に山田さんのブログを教えてもらい、訪問させていただいてます。
色々な情報、体験を共有して下さり、ありがとうございます。

今回の木々たちとの会話、
私も同じようなことがあり、木々たちの気持ちに涙したことがありました。

今は、主にいつも散歩する森の主と私が勝手に呼んでいる松の木と親しくさせてもらっています。
主には、時々助けてもらったりもしました。
例えば、散歩の途中に胃痛が始まり、背中を丸めなければならないくらいのときに、ふと声が聞こえてきたのですが、
その声は、松の下を通りかかった時にはっきりと聞こえ
「私の枯れ枝についた葉を煎じて飲みなさい」 だったのです。
私は、「???」ときょろきょろしていると
「松だよ」と聞こえてきて、
私の心の中で、「?錯覚だよね。こんな松の葉煎じたって」とつぶやくと、
「信じる信じないは、お前次第だ」ときつい語調になったので、
半信半疑で、胃痛を我慢しながら 枝を持って帰りました。

言われたとおり、まだ青いけど乾燥した葉を煎じて飲んだら、
あら不思議。すっきりとしてきたのです。

それで、ネットで色々と調べたら、松の葉には色々な効用があると出てきて
更に驚きました。
それ以来、主とは仲良くさせていただいてます。

そして、森のほかの木々たちも本当に優しくて、私は森に行き、瞑想したり、犬と散歩して走り回ったりしているのを喜んでくれているようです。

幸いにも私の周りには、木と話す ということを馬鹿にしないで聞いてくれる人が多いので、彼らを誘って森の中に入ったりすることもしばしばです。

私も木々や植物達の思いを伝えてまわります。
山田さんは、色々なところで色々な方とお会いされる方でしょうから、どうぞ、どんどん彼らの気持ちを伝えて下さい。

-----------
No title

わたくしのコメントへのお返事、ありがとうございました。

私は、アメリカ、ニューヨーク州の片田舎に住んでいます。
8年前に、已む無くと言う感じで、今の土地に引っ越してきました。
が、今は、この土地に呼ばれて越してきたのかな。なんてことを感じています。

いつも行く森の木々たちがそう感じさせてくれるのですよ。幸せです。
彼らは、人ととても繫がりたがっている、自分達の役目を知ってもらいたがっているようです。
彼らは、人の出す低いヴァイブレーションに影響を受けやすいようで、
そのヴァイブレーションをクリアにするヴァイブレーションを送るとかなり喜んでくれます。
そして、私の目に見えるようにそれを表現してくれるのですよ。
それを見る度に嬉しくなって涙が出ます。
そして、ますます、彼らと深く繫がり、彼らの思いを人に伝えたいと思うのです。
例えば、風もないのに、枝同士をこすり合わせて「キィーキィー」と挨拶してくれたり、
目の前にハート型の葉っぱ(上手いこと虫に食われた葉っぱなのですが)を目の前に置いてくれたり、と言うような感じです。

最近知ったのですが、フィンドフォーンという施設の創設者や、その他世界中に木や植物達と繫がる人が居るようですね。
わたしも彼らのように、植物達の代弁者になって、まだ彼らとエネルギー的に繋がれない人たちに、彼らの気持ちを伝えていければと思います。

もちろん、人間以外の生物全体と繫がる。これが最終目的ですが・・・
まだまだ、人に心を閉ざしている生き物は多いと感じます。
彼らの人への信頼を取り戻す日は、そんなに遠くないと感じますが。
地球意識が、それを望んでいるようですし、人間、頑張らなくちゃ!

私がつながれると感じているのは、いつも行く森の木々と、我が家の庭のメープルですが、いつか、大勢の人たちと情報を分かち合えればと思います。

こちらこそ、よろしくお願いします。

ブログには、これからもお邪魔させていただきますね♪
子育て、家事は、かなり大変だと思いますが(私も経験しましたから、否、まだ経験ちゅうだった(笑))
頑張った後の実り多き日々が来ること間違いなしです。
日々、楽しむ心をどこかに持って過ごして下さいね。

では、また。
ありがとうございました。

千子
----------
どうぞ♪

山田さん

私の体験していることが、みなさんの意識に何か働きかけることができるのなら
公開して下さって構いません。

非公開にしたのには、深い意味はないです。
同じように木々の意識と繫がる人が、こんな近くに(といってもネット上ですが)いた!
と、ちょっと嬉しくなったものですから、コメントをしたくなったのです。

昨日も森を散歩したのですが、
何やら私の波動がぶれぶれだったようで(マインドが忙しすぎたようで)、彼らと繋がれなかったです。
今日も森に行きます♪ 声が聞こえると良いなぁ。
私も繫がりたい!

家の庭には、鳥たちがよく来てくれます(餌付けしてるから(笑))

その他に餌に群れるわけでもなく、カラス達も3~4羽。毎朝のように見かけるのです。
おと彼らが鳴いても、お互いに(カラス同士)コンタクトをしているのだろうなぁくらいにしか考えていませんでしたが、そっか、話しかけてくれているのかもしれませんね。

他の鳥達の餌はまだ?とか言う感じのコンタクトは伝わってくるのですが・・・

明日の朝、心を開いて、研ぎ澄ませて彼らの声を聞いてみます。

ホーリー、ありがとう。

因みにアメリカのカラスは、日本のカラスよりも一回り小さいように感じます。種類違うのかな。

そして、山田さん、いつもありがとうございます♪

千子
-----------
No title

山田さん、
これから、こちらのブログにもお邪魔させていただきますね♪

他の方のコメントを読んで、あれこれと驚くと供に
とても嬉しくなりました!

松の木のこと のお話に感動しました。
松の木は、結構虫に食われやすいようで、
森に自生している木々たちも沢山の虫食い状態です。
心配して声を掛けると
「大丈夫、私達は私達の役目を果たしているところだから。」と言われました。
日本人が、松竹梅とこれらの木々を大切にしてきたのには
わけがあるとは思っていましたが、
松に関しては、以前は、防風林?位にしか思ってなかったのですが、
お茶にしろ、肥料にしろ、アロマにしろ、そして、森を育てる基礎を作る、素晴らしいお役目を果たしているんですね。
今日の散歩の時の森の主の松さんとの話題がまた一つ出来ました♪
きっと、笑うだろうなぁ。


----------------

この家に来て
今住む家に越してきたのは、今から8年半前。
その時から立派に聳え立つメープルの木が、庭に3本あります。
10メートル以上の大木です。
そのうちの一本は、家の直ぐ隣にあり、夏には日陰を作り涼しくしてくれて、
秋には大量の枯葉を散らしてくれます。(家庭菜園をしているので大助かりです)

よく抱きついて「ありがとう」と言っていたのですが、この夏までは何も感じませんでした。
ですが、森の松の木とエネルギー交流が出来るようになってから、
メープルも心を開いてくれたのでしょうか、
ある日、メープルの下で本を読んでいたら、私の意識がメープルの中に入り、
私は木の天辺から家の屋根を見下ろすという幻覚に陥りました。
といに詰まっている枯葉や土化してしまった枯葉などが見えたりもして、
ちょっと驚いたのですが、すごく嬉しくもなったのです。

精神世界に目覚める前までは、庭のメープル達に対しては、たいして気にも掛けず、嵐が来るたびに「倒れないでね」と祈るばかりで、意識は、畑で育てている作物たちに集中してましたから、申し訳ないことをしました。

もっともっと交流できるようになりたいと思い、
木の根元に私が大切にしていたクリスタルのペンダントトップを埋めました。
と言うのも、ある方に、
「一つはあなたの手元に、他のクリスタルは、そろそろ地球に返す時期ですよ。」と言われたので、
返すなら仲良くしてくれる土地に生えている木の根元にと思っていたのです。
もちろん、森の主の松の木の根元にも埋めました♪
これから、このメープルと松の木からどんどんと自然との交流が始まればと思っています♪
 
話は変わりますが、2日前に他のカラスとは明らかに違う泣き声でなくカラスが
隣の家の木にとまっていました。
何か私に話している? と問いかけてみましたが・・・
逃げられました(笑)
ホリーのように、以前に人間として転生した生き物というのは、
この地球上に沢山居るのでしょうか。
そうでない生き物は、やはりホリーもてこずる位ですから、
人間との交流はむずかしいのでしょうか。
餌がないよー。という鳥達の訴えは、よく分かるのですが
(本当に五月蝿いのです(笑))

また来まーす。




寄稿頂いた皆様どうもありがとうございました。
今後も小さな変化でもどんどんコメント、メールください。
宜しくお願いします。

スポンサーサイト



11 | 2011/12 | 01
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Magicinwoods

Author:Magicinwoods
このブログはラー意識体(木や草花)と対話出来る覚醒者がその対話を記録してゆきます。
そして世界中の森がどの様な気持ちなのかを記録すると共に、
覚醒者を増やし、調和のとれた未来を築こうとする活動です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR