スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話は垣根がありません。

2011.12.15 13:40|日本
遅い午前中の日差しがゆっくりふりそそいでいます。
今晩からまた玉蔵さんのREC. なのですが、いまは何だか時計の秒針もそおっと進んでいるようです。

さて、このラー意識体対話ブログ。
勢いで始めたのですが、皆様のおかげで可成りと内容の濃いものになってきております。
というか、ここまで多くの方々が対話できるとなると、
これはもっと大きなウネりに変化してゆく前兆では?と思うのは私だけでしょうか?
続々とコメント、メールが届いております。

今日はそんな中からイギリスのヒロコさん、ハワイのChiharu さん、岡山のまろんさん、
名古屋市のミカティさん、をご紹介します。なぜか女性が多いのです。

-------------------------------
<イギリスのヒロコさんからのメール>2011年11月26日
「木や草花の意識」

はじめまして。
>木や草花の意識を感じた方。どうかメールを
ということで、メールを差し上げました。

わたしの娘がまだ小さい頃、よく2人で公園の木をハグしては、
木からはとても気持ちのよい波動をいただいていました。
木や草花の意識だったのかどうかわかりませんが、何年も前のこと、
ある日、木の気持ちのよい波動の事を考えていたら、
突然ザワザワーっとあるエネルギーがわたしの中を駆け抜けていったというか、
わたしが何かコンピューターの様なものにつながって、情報をダウンロードししたような体感があり、
⎡植物や木にはとても大切な役割がありここにいてくれるのだ⎦とわたしの中に入ってきて、
大きな感動に包まれたのを覚えています。

先日も何年かぶりに、庭にある大きな桜の木に手をおいてみると、
ほんとうにやさしく気持ちがいい波動を感じました。
わたしは花が大好きです。
花がわたしの周りにあるだけでとてもしあわせな気持ちになります。
きっと、わたしがやって来た惑星には花が咲き乱れているのではないかと思っています。
いつかわたしにも草花や木の声が聞こえるようになりたいです。

日本名がわからないのですが、ロビンという鳥の歌声を聞いたことがありますか。
話しをしているようにそれは美しく歌をうたうのです。
ここ何日か、何を歌っているのか知りたいなぁと思っていました。
わたしも、山田さんがホリーと話しが出来るように、ロビンの言っていることがわかるとうれしいです。

山田さんのブログに心から感謝しています。

ヒロコ
--------------
ヒロコさま

はじめまして。
素敵なメールどうもありがとうございます。

イギリスですね。
私一時期イギリス人とバンドやってまして、度々ロンドンでライブやりました。
懐かしいです。

一つ確認なのですが、
この文章を使わせて頂くに当り、個人情報の<ヒロコ>さまをそのまま表記
しても宜しいでしょうか?

山田貢司

-------------
山田さま

はい、<ヒロコ>でお願いします。
今まで、どこかのブログにコメントさせていただいたときは、
<ひかり>という名前を使っていたのですが、山田さんのブログを読ませていただいてから、
わたしにとって大切なこと(覚醒に関することやメタフィジックスなこと)をかいているのに、
隠れたりごまかしていてはいけないと気づかせていただいたので...。

わたしはこちらでの生活をひとり言のように綴っていくブログblue fieldを書いています。
ちょこっとだけ、スピっぽいメッセージをたまに入れることはあっても、
ETから訪問を受けたことやわたしに起った不思議体験など(わたしにはとっても大切な事柄!)
にブログで触れるのは人にどう思われるかと考えると、こわくてはしたことはないんです。
でも、山田さんのブログを読ませていただいた後、
⎡うーん、今こういう時期に、こういうブログ書いていてもいいのかな?⎦と疑問がわきました。

とまあ長くなりましたが、いろいろと前向きに考えさせられることがあり感謝!です。
わたしも長い間ロンドンに住んでいたので、どこかですれ違っていたかもしれませんね。

ではまたです。

ヒロコ

-------------
<ハワイのChiharu さんからのメール>2011年12月11日
「植物のこと」

こんにちは。時々ブログにお邪魔しています。

先日の”覚醒と思わずとも何だか木や草花の意識を感じた方”と言うのを見てメールしようと思いました。
まずご存知かと思いますが、植物の意識を真剣に研究されてた方々のお話は『植物の神秘生活』という本で見ることも出来ます。

自分の体験だと忙しさにかまけて数日も鉢植えに水やりを忘れると、
ある日私ののどが異常に渇くのを感じて不快になります。
その時点で私はまだ何事か気づいていません。
それでのどを潤そうと水など飲んでみるのですが、渇きが癒えません。
でどうしたものか?と、ふと辺りを見回すと忘れられてた鉢植えに視線が行き、
あ〜そうだった、そうだった、忘れててごめんねと水をやることになるのです。
そうするとあれだけ感じていた渇きの感覚というのも、消えて行きます。

あと、学生時代に教室にモンステラ系の観葉植物が置いてありました。
なぜだか”ホープ”という名前が付けられていました。
ところがある日授業中に、どうもホープのいるところから居心地が悪い。
という感じが伝わって来るのでした。
何度か振り向いて視線を投げ掛けましたが、授業中だったので席を立てず、
ようやく休憩時間になって近くに行ってみると、葉と幹の付け根のあたりに
カイガラムシが沢山ついていたのです。
それをさっそく取り除いて”ホープ”の持ち主であるディレクターに告げる。
ホープはディレクターのお母さんの庭へと、引越すことになりました。
教室はビルの2階にあり、太陽光線が全く届かない環境でした。

ある日フナ(古代ハワイの神秘の教え?)の練習をしている時(ロミロミの授業で)身の回りに存在するものからのメッセージを聞こうということで、学校の周囲にある植物を選択することになり、私は学校のある3階建てのビルのバックドアの正面にある一番大きな木を選びました。
その木に右手のひらで触れて目をつぶり、メッセージがあれば伝えて下さい。と、こころの中で言うと、目の前の幹に(目は最後までつぶっています)ドアがあらわれ、その中に素早く引きずり込まれました。
そしてその幹の中を通り、梢の一番てっぺん辺りまで引き上げられたと思うと、その直後今度は、一番深い根っこの先まで引きずりおろされ(辺りは暗かったですが)、
そしてその直後ドアの外に戻っていました。
ものすごい早さでそれは起こりました。
木の中を通るときは日常の身体の形ではなくて、もっと流動的、どちらかというと龍のような流れる感じです。メッセージは地の底ぐらい深く掘り下げるように学び、天に届くぐらい高い意志を持って、癒しの仕事に関わりなさいと言うことでした。

最後に庭先のハイビスカスの花をラナイから(15mぐらいの距離)見つめていると、次第にその花の色だけでなく、花びらのテクスチャーまでも見えるようでした。
そしてその時見るという行為に気付きが起こり、肉眼で見るという行為は、対象を自分の過去の経験や記憶から、自分の見たいように処理していることも多いということを感じました。
それをそのままに見ることが出来るようになると、自分の概念から自由になった本来の対象が見えるようになると。

今日はここまでです。
植物たちは確かに話しかけていると思います。
そして彼女たちの知識はとても深く、耳を傾けるといろいろと教えてくれるようです。

私はこれと似た感覚を虹との間にも感じます。

読んでいただきありがとうございました。

Mahalo nui loa!
-------------

Chiharu さま

メールどうもありがとうございます。

> まず ご存知かと思いますが 植物の意識を真剣に研究されてた方々のお話は
> 『植物の神秘生活』という本で 見ることも出来ます。

すみません。私、いまの自分の状態が今年6月頃からでして、
それまでの自分は音楽一本槍でして、スピリチャル系の予備知識が皆無であります。
なので、上記も存在自体を知りませんでした。

Chiharuさんの貴重なご経験談をブログ記事として拝借させて頂けないでしょうか?
また覚醒に対してのChiharuさんのお考えなどを拝聴できないでしょうか?

お返事お待ちしております。

山田貢司
--------
山田さん

お忙しい所わざわざご返事頂いて、大変ありがとうございます。
本など読む時間は おありですか?
というのもメールに書いた本をそちらにお送りしようかと思っています。
日本では鎌倉に植物の意識を研究されていた先生がいて
(この本のオリジナルはアメリカで出版されたのですけど)、それを知ったときは驚きました。
最初に読んだのは今から24年前です。

私は現在ハワイオアフ島で、マッサージセラピストとして活動しています。
覚醒と言うのはawakening なのでしょうけど、そこに至るにはawarenessは欠かせないと思っています。
なぜなら、眠っている状態でawareすることは出来ないからです。

たとえば家の中に紛れ込んだ蜂が、外に出ようとして光に向かって飛びますが、窓が閉まっている為に、何度も何度もガラスに衝突しては音を立てます。
それに気づいて窓を開ける人。
それに気づかずに何かに夢中になる人。
或は音も聞こえない距離にいるのに、ふと窓辺に視線をやってその蜂に気づく人。いろいろだと思います。
そして音も聞こえない距離にいるのに、導かれるように窓辺にやって来る人が、段階的には一番覚醒に近い状態だと思います。
蜂が飛ぶ時点で空気は震えます。
そしてその振動をこちらで感じるには、その人のこころが捕われの状態にあると、意識が周囲に向かないので気づくことが出来ないのです。
しかも蜂がガラスにぶつかるときもまた、別の振動を発しています。
その音が聞こえない距離にいるのにそれに気づく人というのは、
意識がそのレベルまでひらいているので、振動をキャッチしているのですが、それがじゃあ肉体のレベルなのか?エーテル体のレベルなのか?はわかりません。

植物といった一見常に静止状態にあり、生命があっても動物とは区別されている存在を、感じるというのはその気付きのレベルが 高い所にないとなかなかできないことかもしれません。
植物は静止しているわけではなく、動物とは違ったスピードで運動するので、それが人間にはわからないだけだと思っています。

思うに世の中も、惑星も、人体も、実に沢山の層からなっていて(音楽もそうですが)、どこにステップインするかで見えるもの感じるものの違ってくる。
或は振動のスピードが変われば、それを聞き取ったり感じたりすることが出来ない人も、現れて来るのかも知れません。

覚醒の段階によってはその層の一部のみ感じることが出来る人、或は全ての層を自由に行き来できる人など、これもまたさまざまでしょう。

あの本を読んでいた24年前といえば、いろんなことがもっと頻繁に、自分に起こっていた時期で、幽体離脱しながら月のような惑星に着陸したこともあるし、壁を突き抜けてアパートの隣の部屋に侵入した経験もあるし、
会話をしている友人の目の前から身体ごと消えたこともあります。
そしてそういうことは誰にでも経験されるべきだ。と思いながら、波乗りと出会い、波を追いかけていたら10年前ハワイへと流れ着きました。

スリランカの南西海岸に滞在中、蒸し暑い午後の駅で列車を待ちながら、ヤシのジャングルを目の前に頭頂が ぱっくりとドームが開くように開いた経験もあります。
ちなみにドラッグはしません。

最後に私と虹や海の生物はとても深い関係にあるのですが、ある日職場で同僚二人と海を見ていました。
で、いつものごとく虹がここにいるよサインをくれたので、私は空気の変化に気づき、すぐに「あ~虹」といいました。
ところが同じ方角を見ているはずの同僚は二人とも、どこに?
え~っ虹なんか出てないわよ~。血迷ってる?とまで言ってきました。
でも確かにそこに虹は出ているのです。
私が言ってから数十秒後、彼女たちはようやく私の言う虹を確認しました。
そのときこころの中にあるものが、時には人の目をくらまして、目の前にあるものさえも見えなくしてしまうのだろう。ということを感じました。
それは覚醒とは全く逆のところにあるものですね。

話しがてんでばらばらのようですけど、今日はこの辺で終わりにします。
またお話ししましょう。

Chiharu


P.S. 
22才の頃環境問題や原発問題、恋愛もののエッセイも含めた本を出したいと思って,原稿を書いてたことがあります。
当時原稿に向かうと、おでこの前方上部に(視界圏内)文字が並びはじめます。
それを書き写してたな~。と言うことを思い出しました。 
それと作業の中で質問が脳に浮かぶと、それと同時に何かがどか~んと眉間に飛び込み、それは背骨を通ってお尻のところまで降りて前に向かい、そして心臓まで駆け上がったところで答えがわかるということが何度も起こりました。
そしてその一連のことは、ものすごい早さで起こりました。
そのスピードと言ったら、質問と答えがほぼ同時に起こるぐらいの早さです。

そういうことが少なくなったこの頃は、見捨てられたようでちょっと寂しいものがあります。

------------
Chiharuさま

Chiharuさんの覚醒に対するお考え、またそのご経験に驚きと共に感銘を受けました。

たぶん私と考え方が非常に近く、波動(意識or魂)と脳や身体の関係に対する考察が、私にとって納得いくChiharuさんの心が感じられるからだと思いました。

> 本など読む時間は おありですか?
> というのも メールに書いた本を そちらにお送りしようかと
> 思っています。

確かに現在凄く時間が足りなくて困っております。
しかし、私はあんな記事を書いているのに覚醒の予備知識は皆無なのです。
なにせ物心つくころから音楽漬けでして、音のこと以外追求したことがないのです。
作文だって今年6月までは最も嫌いなことの一つでした。
それが何故か全く苦にならなくなっております。

なので、Chiharuさんご推薦の本は是非読んでみたいです。

> メールでお送りした経験談は 文章力に乏しいですが
> どうぞ みなさんとシェアして下さい。

ご快諾頂きとても嬉しいです。
個人情報は削除して使わさせて頂きます。
お名前はChiharuさんとだけ記そうと思っていますが宜しいですか?

今後ともよろしくお付き合いください。
またこちらからもメールします。
----------

2011年12月13日
Yamadaさん

 お忙しいのでしょうに、わざわざご返信頂き恐縮です。
覚醒の予備知識と言われましたが、そんなものはないのかも知れません。
というよりラムダスが”覚醒への旅”と言う本を書いてますが、どうしても何が覚醒かというのをお知りになりたければ、その本を読んでみるといいと思います。楽しめる本です。

それにしても、これはどうなの?あれはどうなの?と言うことに答えることが出来るというのは、実はそういう情報が、自分の中に眠っているからだと思っています。

人生とはあらゆるところへ旅をして、違った風のにおいを嗅ぎ、違った味の食べ物を食べ、違った言語を話したりして、それをきっかけに失われた記憶を取り戻して行く旅のことなのだと思っています。
五感は記憶を甦らせるでしょ?
嗅覚を失うと人は鬱になって行くんです。
視角は曖昧ですよね。
見えるものを自分の見たいように歪めてしまうから。

ところで作文嫌いだと思い込んでただけだと思いますよ。
だってご自身のブログで言葉の解析をしているでしょ?
きっとどこかで文字に関わるお仕事をしていたのではないですか?
文字はリズムを持っています(色もですが)。
それに気づいていたからこそ、生まれ変わったら音楽をしようと思ったのではないでしょうか?
それと作文が嫌いにならないと、文字のお仕事から解放されず他のことが出来なくなるので、嫌いと思うことにしたのかもですね~?

それでは 御機嫌よう!

気になること、ご質問は いつでもお気軽に メールにてどうぞ。

Aloha~

Chiharu
---------------------------------------
<岡山のまろんさんからのメール>2011年12月11日

初めまして。
岡山のまろんと申します。
ふぐりさんのブログからたどり着きました。

植物と話ができる方・・・とあったので、思わず、メールしてしまっておりますが妄想かもしれません。すみません。(笑)

先日のことなのですが、
赤やオレンジに紅葉しているもみじやいちょうなどがたくさん立ち並んでいる公園の横の道を車で走っていたときのことなんですが、

突然、「見て見て~~~!!」と声が聞こえました。

その木々たち(10代後半から20代前半ぐらいの女の子みたいな感じの声の調子でした。)が私に自慢げに「綺麗でしょ~~~???見てみて~~~!!!」と話しかけてきたんです。

「わたしたち、一人一人、色が違って、とっても美しいでしょ?見て見て~~~!!」という調子です。

彼女たちは別に、違いや美しさを競うこともなく、ただ自分に満足げに自慢げに両手を広げて咲き誇っているようでした。

だから私は
「綺麗だよ~~~!!!み~んなそれぞれ個性があって素敵だね~!!みーんな綺麗だよ~~~!!すごい綺麗だよ~~~!!」って応えながら、彼女らを褒め讃えながら車で横を通り過ぎてゆきました。

・・・車を運転しながらそんな現象が起こったのは初めてだったので、ちょっとびっくりした。

気のせいかな~、妄想かな~と、思っていたのですが、山田さんの記事を拝見して、妄想ではなかったのかもしれない、聞いてもらおう!!と思って、
思わず、メールさせていただきました・・・。

あと、1年前ぐらいからでしょうか。
目の前に在る机や椅子、トイレの便器や洗面台などの、肉体がないものにも命を感じ、しゃべらないけど意識があるように思えて、人間と同じ存在として物たちを捉えるようになりました。

それまでは、家に一人で居たら、ひとりぼっちだと思っていたのが、それに気付いてからは、
な~んだ、全然ひとりぼっちなんかじゃなかったんだ~、
みんな、いつも一緒にいてくれてたんだね~、気付かなくてごめんごめん~~~!!
という感じに変わりました。

以前から、自分の車ともよく会話をしていました。
よろしくね、頑張ってね、と話しかけると、車は、喜んで、頑張ってくれるんです・・・。

あ、でも、妄想でしたらすみません・・・。(笑)

でも、私には、植物も鉱物も、物も、動かないで何もしゃべらずにいるけど、ちゃんと意識持ってて生きてて、動いているようにも見えるんですよね・・・。

わたしたちも、植物も、物たちも、全部同じ、宇宙のいちエネルギーでできていて
同じ存在。全部、宇宙。
ただ、個性が違うだけ。

なのに、なぜ、人は、神社とかにお奉りしている人神様だけを敬い、そこらへんに在る、たわしや雑巾や、物や木々や空気などをなぜ同じように敬い、それらに感謝しないんだろうなぁと、不思議に思ったりもしています。

と、勝手にべらべらとすみません・・・。

読んでいただき、ありがとうございました!!
日記の更新も、楽しみにしております。

新年のイベントの大成功も岡山からお祈りいたしております。

そのイベントに参加される皆さんとも
いつかお会いできるといいなぁと想いながら・・・。

どうもありがとうございました。

-----------
まろんさま

メールどうもありがとうございました。

> 山田さんの記事を拝見して、
> 妄想ではなかったのかもしれない、聞いてもらおう!!と思って、
> 思わず、メールさせていただきました・・・。

私も10月以前はいろいろな高次元意識体やラー体との会話を自分自身で信用できないでおりました。
しかし、回数を重ね、他の方々のご意見を拝聴した結果、これは事実であると確信に至りました。

> 目の前に在る机や椅子、トイレの便器や洗面台などの、肉体がないものにも命を感じ、
> しゃべらないけど意識があるように思えて、人間と同じ存在として物たちを捉えるようになりました。

私の娘とえすぱー女房はそこいら辺の物体の意識と普通にコンタクトできるようです。
私の場合は深く掘り下げるタイプなので、日常会話はいくつかの植木くらいです。

> わたしたちも、植物も、物たちも、全部同じ、宇宙のいちエネルギーでできていて
> 同じ存在。全部、宇宙。
> ただ、個性が違うだけ。

どうもそれが真実のようです。

まろんさんのこのご経験談をブログで拝借できないでしょうか?
皆様のご経験を載せることでこういった意識体との対話を世間に普通のことと感じて欲しいのです。
事実は小説より奇也。
を主張したいのです。
よろしくお願いいたします。

> 新年のイベントの大成功も
> 岡山からお祈りいたしております。

応援ありがとうございます。がんばります。

山田貢司
-------------
山田さま

お返事どうもありがとうございました☆

妄想でないと仰っていただけて嬉しかったです!!(笑)

私も時々、天使とかハイヤーセルフとか、地球外にいる意識体からメッセージが降りてくることがあって、いろいろ助けられたりサポートしてもらったりしてます。

木々にあんなふうに話しかけられたのは初めてでした~(笑)

奥様とお子さんもすごいですね~、興味津々です!!


私の体験もあんな稚拙な文章でよければ
どうぞお使いください(*_*)

わたしのブログでも山田さんのブログを紹介させていただいてもよろしいですか?
森の魔法も一緒に。
(私のブログです:「NOBLE LOVE 」)

山田さんの日記、とても面白いです。
高校時代に物理で0点取った私には、難しい内容もいっぱいだけど(笑)

今日、出会ったばかりで、まだ、全部読めていないけど、
これからの更新も、楽しみにしております。

ご縁に感謝いたします。

まろん

---------------------------------------
<名古屋市のミカティさんからのコメント>11/12/04

コメント欄で失礼します。
こんにちは。
対話らしい対話はした事がありませんが、樹木から受け取ったメッセージを二つ書いてみますね。

1、(今から10年ぐらい前)
名古屋市のある通りを車で通っていた時、街路樹(銀杏かカエデかは忘れました)に聞きました。
「強制的にこんな排気ガスだらけの所に植えられて、嫌な気持ちだよね?」と私が話しかけたら、「心配には及びません。私たちはいつでも大地とつながっています。
そして他の場所に植えられた木々とも常につながっているのです。
木々には人間のような五感…目・鼻・口・耳などという器官はありませんが…
物質的にはどんなに遠く離れているように見えても、ちゃんと仲間とつながりコミュニケーションを取っています。」
(声で聞こえたわけではありませんが、頭の中に瞬時に、このようなメッセージが伝わりました。)
(そして、暗闇の中に木々があり、木々から電線のように光の線が出ており、
木々をつないでいるイメージが浮かびました。)


2、(つい最近、1週間ぐらい前)
近所の堤防沿いの桜から、一方的に入ってきたメッセージ。
「木々は、大気中の色んな汚れ(ホコリ、排ガス、放射性物質など…)を私たちの葉につけて地面に落とし、空気をお掃除します。
葉は、土の栄養になり、地中の生き物・微生物たちが葉についた汚れを分解してくれます。
私たちは自らを捧げています。全てのあらゆる生き物、人間のために。」
(だから人間は、私達と分離しないでくださいという感じのメッセージでした。)

以上
とりあえず書き記しました。ブログ楽しみによんでいます、ありがとうございます。

コメント:

No title

Chiharuさんの、蜂に気がつくかどうかの話や、虹が見えるかどうかのお話にハッとしました。
そうなんだ。と思い当たることが多々あります。

ふっと目に入るもの。ふっと気がつくこと、困ったときに、ジャストのタイミングで訪れる情報や助けてくれる人などなど…

ツキや、助けてくれる目に見えない存在、自分の意識が引き寄せる。などと思っていましたが、自分自身がどの層の情報にアクセスしているのか。その多層の中に自分があるのか?と、うまく表現できませんが、とにかく「そうなんだ」とうなづく自分がいました。


まろんさんのように、私も、車やバイクなど、自分の好きな物に話しかけたり、頑張れと励ましたり、誉めたりします。
誉めると嬉しそうにしているように感じますし、調子悪いところをなんとなく私が感じたり、いざというときには私を助けてくれているように感じます。

かすかな感じです。

かすかな感じ…
それを感じ取れるかどうかについて、
昨夜、忘年会の2次会でカウンターに座ってママと少し話をしていました。

私は、ママが、そちらを見るでもなく、聞くでもなく、カウンターに座るお客さんはもちろん、店の奥のボックスにまで意識を配っているというか、情報を得ようとしているように感じ、「ママは店の中のことが全部わかるの?」と聞きました。

ママは、「後ろにも目がついているから」と頭の後ろを指差して笑って答えました。

きっと、従業員からもそう言われているのでしょう。でも、確かに、自分自身も、部屋全体に意識を配ろうとすると、視界の左右の外側から後頭部に何かを感じます。

もしかしたら、ママは、奥のボックスのお客さんのグラスが空になったことにさえ気づくのかもしれません。(プロだなぁ)


もうひとつ、関連しないかもしれませんが、カラスが1年以上色を記憶しているとうニュースがありました。(http://goo.gl/gIVKV
(餌の入った入れ物の色を覚え、90%以上の確率で餌のあるほうを選んだというもの)

でも、その時にも思ったのですが、カラスは色を記憶していたのではなくて、どちらに餌が入っているかを感じ取れるのではないかと…

そうなると、超能力!となって、大学の先生の研究にはなりませんから、記憶としたとも思えますが。


でも、記憶にしろ、感知できる能力にしろ、記憶は脳の中に折りたたまれたモノを再構築出来る能力ですし、脳や体の中のセンサーを使って感知できるにしても、どっちもどっちで境目は難しいとも思えます。

初めて会った人から、表情、動き、様々な情報を得て、うまくいえませんが、ああ、この人はこんな感じの人だと、自分の中で認識が出来ます。

その時、感じているのは、目に見えているものだけではないように思えます。
それは、多くの人が普通に感じているのではないでしょうか?

Re: No title

みやさま

> かすかな感じです。

それです。それに感応できるか、気にしないか、が大きな別れ目だと思います。

> もしかしたら、ママは、奥のボックスのお客さんのグラスが空になったことにさえ気づくのかもしれません。(プロだなぁ)

ある意味プロと呼ばれる職業はそういった能力を特定の条件下で使うことではないでしょうか?

> その時、感じているのは、目に見えているものだけではないように思えます。
> それは、多くの人が普通に感じているのではないでしょうか?

その通り誰もが普通に持っている能力を自身がコントロールすることが覚醒なのだと思います。

はじめまして。

黄金の金玉ブログ経由で辿り着きました。非常に楽しく読ませて頂いております。
以前はこういった話は信じなかったのですが、どうも最近興味があり惹かれるべくしてここに辿り着いたような気がします。
キッカケは、インド旅の途中でひょんな事から『アルケミスト』『聖なる予言』という本と出会いまして帰国後、そのシリーズ全般と『神との対話』シリーズに没頭しました。
これまで気付かなかっただけで(私が興味無かったから聞かなかった)、周りにも霊的な体験をしてる人も実は結構いたりして、そういった世界を知ることでこれまでの人生観に奥行きが出てきたように感じます。
私自身、デジャブ(夢→現実)は何度か経験あるのですが、気のせいだろうと気に留めずにおりました。
今年の春頃から朝の余裕ある時に瞑想したり初歩的な山歩きも始めたのですがまだ全然何かを体感できるまでには至っておりません。
これからはもっと誰もが分かるくらい霊的な時代に突入するという話に私も意識では理解してるつもりですが、体験が伴わずジレンマを感じております。
これからも、瞑想や山歩き等自分なりに続けて行くつもりですが、こちらのブログも参考にさせていただきたいので更新楽しみに待ってます。

天使たちの集会

皆さんのコメントやバカボン山田さんのところへ直接送られてくるお話を見ていると、
妙なあおりや気負いもなく、ご自身の体験をナチュラルに語っている…。
静かに心がふるえます。

そういえばこんなことがあった、こんな話を聞いた、くらいの感じから何かが始まるのかもしれません。
体験の濃度の差はあまり重要ではないのかもしれませんね。
(それにしても山田さんを始め、すごい人はいるものです)
この場に参加できることを感謝したいと思います。


初めましてm(_ _)m

初めましてm(__)m
どうしても聞きたいことがあるので、
勇気を出してコメントさせていただきます(´Д`A;)

その前に自己紹介します(´Д`A;)

32歳、主婦、8歳女子と1.5歳男子の
母親です。ミーハーです(^_^;

子供の頃、父親に宇宙やUFOの話をされたのを期に、それらが好きで、UFO(光、変な動きしたんであれは間違いない!)も見たことがあり、
神秘的、不思議な事大好きな(怖いのは大嫌い!)な人間ですm(__)m

福島市在住だったので、311以降、前向きに自主避難生活送ってます(´Д`)

玉蔵さんのブログからきて、ハマッて毎日更新を楽しみに覗いてました壁||ω・)ジィ♪

あちらのブログは難しいですが、理解しようと試みてます(^_^;)

こちらのブログは、ホリーさんの話を読んでから、絵本の世界は空想じゃなかったんだとわかり、嬉しくなりましたヽ(*´▽)ノ♪

対話はできないですが、自然にふれてるときに癒しはとても感じてます(´∀`○)

私も覚醒して植物などと、お話ししたく、脳トレのソとドの和音から始めてみてます(*^^*)

前置きが長くなりましたが、質問しますm(__)m

ここ二ヶ月くらい前から、携帯を充電してるときに、充電器を挿してるコンセントの挿し込み部分から、高くて細くて小さな電子音(?)みたいな音が聞こえるようになりました。チーチチ、チッチチー…と。

充電器をコンセントから外すと音はしません。
耳鳴りから気付く事もあります。

もしかして覚醒のヒントになるかも!
と思い、思いきって質問させていただきました

それと、部屋で音は消して一人で心を落ち着かせてると表現できない音?周波数?波動?を耳から感じます
それは耳なりともまた違う感じで、
高すぎる細い音みたいものを、よく感じます。

山田さんのブログを読んで、どこかの階層の周波数を感じてるのかなと解釈し、集中してみるのですが、アパートの住人の生活音に邪魔をされ、なかなか集中できません(^_^;)

それに高すぎてキャッチできない感じです
それがまだまだ自分が解放しきれてない証拠なのですかね…?

なんて、いろいろ勝手に解釈してみてるのですが、うまく伝わってますでしょうか?(^_^;





Re: 初めましてm(_ _)m

*メーテル*(似てないけど!笑っ)さま

コメントどうもありがとうございます。
緊急性があるため順番を変えて返信しております。

> ここ二ヶ月くらい前から、携帯を充電してるときに、充電器を挿してるコンセントの挿し込み部分から、高くて細くて小さな電子音(?)みたいな音が聞こえるようになりました。チーチチ、チッチチー…と。

その音はコンセント内に溜まった埃によるショートの前現象と思われます。
至急コンセントの交換をすることを強くお勧めします。
とりあえずですが、射し込み口を隙間のズルを付けた掃除機での吸引も効果あると思います。

> それと、部屋で音は消して一人で心を落ち着かせてると表現できない音?周波数?波動?を耳から感じます
> それは耳なりともまた違う感じで、
> 高すぎる細い音みたいものを、よく感じます。

それは後頭部脳の活性化からくる、聴覚能力の上昇によるものでしょう。

> それに高すぎてキャッチできない感じです
> それがまだまだ自分が解放しきれてない証拠なのですかね…?

高周波音が聞こえないからと言って覚醒が進まないとは言い切れません。
人により様々です。

> なんて、いろいろ勝手に解釈してみてるのですが、うまく伝わってますでしょうか?(^_^;

大丈夫、伝わっていますよ。とにかく早めに電気屋さんにお願いしてください。

Re: 天使たちの集会

酒∞ニシツカ∞林さま

今日は玉蔵氏の2曲目のダビングでした。
記事にあるように佐々木えーたはすんげーリズムを出しました。
覚醒パワー恐るべし!

(/ー ̄;)

山田さん、忙しい中に緊急のコメントをして頂いてありがとうございました(;>_<;)

コンセント口の埃が原因というお話しだったのですが、家中のコンセントに挿してもみんな同じだったので、疑問に思い、ネットで調べてみたらわかりました(((^^;)

コンセントの電気を携帯の充電に変換させるときに出る音で、心配いらないようなんです(;´д`)
ちなみにこちらに内容があります↓
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1375178608

最初から自分で調べてみればよかったです;;
なので、てっきり勘違いをしてしまい、
ごめんなさいでした(;>_<;)m(__)m

それと、脳トレですが、

ド&ソ、ド&ラ、ド&シ…のように
頭の中で響かせる。という理解で正しいですか?

他の方への回答を読ませて頂いても、言葉が理解できず気になっていたので更に質問させていただきましたf(^^;

最近瞑想始めてみて、
そのときに感じる波動みたいなものに集中する際、脳の中心に向かって集中してみてるのですが、聴力アップや覚醒につながりますか?

質問だらけで申し訳ないです( ´△`)








Re: (/ー ̄;)

*メーテル*さま

> コンセントの電気を携帯の充電に変換させるときに出る音で、心配いらないようなんです(;´д`)

良かったですね。私もと電気屋ですので。

> それと、脳トレですが、
>
> ド&ソ、ド&ラ、ド&シ…のように
> 頭の中で響かせる。という理解で正しいですか?

その通りです。上手くなったら3和音、さらにテンションコードと進めてゆきます。

> そのときに感じる波動みたいなものに集中する際、脳の中心に向かって集中してみてるのですが、聴力アップや覚醒につながりますか?

もちろんです。
一時に集中するのでなく、掃除しながらとか、洗濯しながらとかが効果的です。
何かの手作業時は以外と奥の脳が活性化しています。なので、解離状態を作りやすいのです。
あと、そんなトレーニング中に時計の秒針音が遅く聞こえてきたらもう始まってます。
これが解りやすい判定基準です。

2011年宇宙の旅

和音の俯瞰トレーニングしてたら 最近耳鳴りも和音やりだして
今2001年宇宙の旅 やってますよ。
荘厳音楽やりすぎ、しつこいんですわ。

それで今度は単音に戻す訓練スタートさせました。
でも、なかなか切り替えが鈍いなー・・・・

それで、単音の練習も怠らずやった方がいいみたいです。

*メーテル*さまの書き込み見てなにかの参考になればと


 

素朴な疑問・・・

山田さま こんにちは。

いま、一生懸命、バカボン一家のほうのブログを読み込んでいます。
今までちんぷんかんぷんなことが多かったのですが、
急に、理解が着いていくようになってきました(笑)

と、今日は質問があるのですが・・・教えてやってください。

山とか、神社とかに行ったときに、
すごく積極的に話しかけてきてくれる木々たちと、

眠っているかのように沈黙している木々があります。

わたしが、声を聴ける木と聴けない木があるのは、

彼らが単に、しゃべっているかしゃべっていないかの違いなのか、

それとも
それぞれの木々の波動(と表現していいですか?
)が自分と共鳴したときにのみ起こる現象だからなのですか?

こないだ、山の中に入ったときに
その差がちょっと気になって・・・。

よかったら教えてください。
よろしくお願いいたします。


Re: 素朴な疑問・・・

まろんさま

お返事遅くなりごめんなさい。

> 山とか、神社とかに行ったときに、
> すごく積極的に話しかけてきてくれる木々たちと、
> 眠っているかのように沈黙している木々があります。
> わたしが、声を聴ける木と聴けない木があるのは、
>
> 彼らが単に、しゃべっているかしゃべっていないかの違いなのか、
>
> それとも
> それぞれの木々の波動(と表現していいですか?
> )が自分と共鳴したときにのみ起こる現象だからなのですか?
>
> こないだ、山の中に入ったときに
> その差がちょっと気になって・・・。

いろいろな条件があると思います。

人間社会で縁が在る人、知り合っても深い付き合いに発展しない人、ただすれ違う人、等々状況や関係により様々でしょ。
木々にもそういったことに似た要素があることと、あとはまろんさんの状態。これはかなり複合的要素が成せることなので、一言で語るのは無理あるんですが、最大の要素はまろんさんの向き、方角です。
仮にまろんさんの体調(精神的安定度)、環境、時間(太陽と地球の向きの関係)が同様な場合(全く同一は絶対ありませんが)を想定しますと、まろんさんの胸がどの方角を向いているかが
意識を読み取る最大の要素になります。
まだ理論が確立していないので、説明は省きますが、西向きが最大になります。
これは野火平面の中心から送られる波動の構成によるもので、意識体はその基礎波動を介して情報のやり取りをするからなのです。

カラスが気になるこの頃

山田様、お世話になっております。
過日は二度も続けてメールしてしまい、すみませんでした。

一昨日、山田様へメールを送り終えしばらくすると、庭の木にとまっていたカラスが鳴きました。
「おや?カラスが鳴いてる、、、」
んで、先ほど村を少し散歩してましたら、電柱にとまってたカラスが、私が近くまで来ると、私の顔を見て鳴くのです。
偶然だとは思いますが。

良いことなのか、悪いことなのか、もちろん何言ってるかはわかりません(笑)
世知辛い世の中ではございますが、
これからいろいろ面白いこともありそうだなぁ、と思う今日この頃です。

なるほど・・・

木々にも、ご縁の要素があるのですね。

確かに、こないだ話しかけられた木々たちがいた場所はすごく懐かしく、
過去に深く知っていると思いましたし、
木々たちは私のことも(過去世の)知っているようでした。

あと、胸がどの方角を向いているかが最大の要素になるとは驚きです。
しかも西向きが最大だなんて。

確かに、わたしがいっつも何かと会話するとき、
そしてメッセージを受信するときは
家具の配置上、西に向いています・・・

でもかなり私の状態にも波があるので
いつも受け取れるとは限らないのですが(苦笑い)


ちなみに、今日は、
惑星たちと、初めて、会話をしてしまいました。。。

自分自身、
半信半疑です・・・(;= =)


勉強になる情報をどうもありがとうございました!!m(_ _)m

Re: カラスが気になるこの頃

あぶさんさま

> 良いことなのか、悪いことなのか、もちろん何言ってるかはわかりません(笑)
> 世知辛い世の中ではございますが、
> これからいろいろ面白いこともありそうだなぁ、と思う今日この頃です。

今日の夕方の話ですが、娘の保育園近くの電線にカラスが1000羽近く停まっていました。
多分ホリーも一緒だと思ったのですが、異常な光景でした。
私は地震くるかもと思ったのですが、娘は何かのイベントだよ的なことを言っておりました。

メーテルさん、それに答えてる管理人さん、こんばんは。

*メーテル*(似てないけど!笑っ)さんの、耳鳴りとも違う音。

私は、ずーッと聞いています。

実在の音ではなく、私は『空から降り注ぐエネルギー』と表現しています。
去年から日々、エネルギーは大きくなっています。

このエネルギーは、人々の覚醒を促すエネルギーだと思います。
私の脳に変化は出ました。

右脳と左脳の分かれ目が消えて、1つの脳になりました。
橋渡しをしていた脳梁もなくなり、1つの脳になりました。
あるとき病院のレントゲンで判明、医師から言われました。

私はスピリチュアルを生きる者、ライトワーカーとも言います。

私のブログ『今日、ツイートしたこと:自分の内と外の両方から合わせて、満ち足りる世界にしていく』を、実生活に生きています。

願いを自分で叶える『意識を現実化する祈り』の力を持ちます。
ですがテレパシー受信は苦手という感じです。

これから、よろしくお願いします。
ツイッターユーザー名 『 TATA328 』です。

初めて来て感動

初めて来ました。
ここのブログからはキメ細かい、清澄な波動が出ていますね。
イオンシャワーを浴びるような気持ち良さがあります。
最近、寝ようとするたびに頭全体が細かく振動する感覚が続いて困ります。
超音波みたいでピーと表現したい音がすごいです。頭の上から頭全部
超音波に包まれてなかなか寝着けません。
同じ場所同じ空間に複数の誰かが実在する感覚もあって、
最近落ち着かないです。見られているようで。
ただ、複数の誰かというのが人間と樹木がミックスされたような
不思議な姿しているのです。
ブラバッキー夫人を紹介する本を探して読んだら、
鉱物も植物もそれぞれ意識や精神を持ち、霊界みたいな世界を構築している
らしい。人類だけが意識や精神を持つのではないらしい。
私が時々感じる樹木人類は、そういう世界と一時的にシンクロした結果
でしょうか。
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Magicinwoods

Author:Magicinwoods
このブログはラー意識体(木や草花)と対話出来る覚醒者がその対話を記録してゆきます。
そして世界中の森がどの様な気持ちなのかを記録すると共に、
覚醒者を増やし、調和のとれた未来を築こうとする活動です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。